あなたの家に必要な保険は?

ルクセンブルクの住宅保険

ルクセンブルクへの移住をお考えですか?持ち家でも賃貸でも、家や財産を守るために適切な住宅保険や損害保険を見つけることが不可欠です。

ルクセンブルクでの新居に保険をかける際に知っておきたいポイントをご紹介します:

  • 住宅保険が必要なのは誰か?
  • 住宅保険でカバーされるリスクとは?
  • どの保険を選ぶべきか、また補償の対象となる資産をどのように評価すべきか。
  • どの会社に連絡すればいいですか?
  • 自宅で緊急事態が発生した場合、どうすればいいですか?

ルクセンブルクでは住宅保険が不可欠

ルクセンブルクでは 、ある種の保険加入が義務付けられて います。 特に住宅保険がそうです。家を賃貸している場合も、保険に加入することをお勧めします。

認可された保険会社で住宅保険に加入することで、起こりうるさまざまなクレームから家と財産を守る ことができる。しかし、住宅保険は あなたの愛する人を守ることもできる。第三者に対する民事責任をカバーします。

住宅保険に加入すると、損害の一部または全額が補償されます。住宅保険はまた、あなたの家の居住者のための民事保護も提供します。

ルクセンブルクで住宅保険が必要なのは?

借家人であれ住宅所有者であれ、できるだけ早く住宅保険に加入することを強くお勧めします。 非居住者である家主、つまり第三者に物件を貸している人も心配です。

ルクセンブルクの居住用不動産の賃借人向け住宅保険

ルクセンブルクでは、借主や同居人は、家屋、家具、身の回り品 をカバーする保険に加入することができます。つまり、火災、暴風雨、水害、盗難などのリスクをカバーすることができます。

ルクセンブルクの法律では、借主に保険への加入は義務付けられていません。フランスなど一部の国では借主の賠償責任保険への加入が義務付けられていますが、ルクセンブルク大公国では任意となっています。

ご注意ください!住宅保険への加入は強制ではありませんが、 例えば火災や水害による損害は、借主に弁済の義務が あります。そのため、保険への加入を強くお勧めします。

持ち家所有者向け住宅保険

住宅保険では、家財の損害が補償される。損害賠償請求があった場合、 保険会社は損害の全部または一部を弁償する補償金を支払う。

宿泊施設を他人に貸す家主のための保険

賃貸物件の所有者は、 住宅保険に加入することができる。これは、火災、ガラス破損、盗難、水濡れなどをカバーするものです。これらのリスクの中には、借主ではなく貸主の責任となるものもある。

保険に加入していない場合でも、貸主は借主の幸福のために、できるだけ早く損害を修理しなければならないことに注意してください。

ルクセンブルクのリースの詳細をご覧ください。

ルクセンブルクの住宅保険でカバーされる主な請求内容

一般的に、住宅保険は包括的なパッケージを提供している。これには、家庭内で発生する様々なリスクに対するカバーが含まれる。

水害保険

洪水や水害が発生した場合、建物の損害や破損した設備が弁償される。2つのケースを区別することが重要である:

  • 自社設備の漏水により第三者に損害を与えた場合
  • 保険未加入または未加入の第三者による自宅の損害

盗難保険

ルクセンブルクが安全な国に見えても、自宅から盗難に遭う人が増えています。そのため、盗難に対する十分な補償に加入することをお勧めします。

また、この盗難保険でカバーされる金額にも十分注意する必要がある。盗難保険に加入するためには、自分の持ち物の現在の価値を保険会社に申告 しなければならない。

写真を撮ってクラウドに保存。宝飾品や美術品など、大切な持ち物の請求書を保管する。

この2つの保険の保証は大きい。この2種類の保障の側面を見落としてはならない。 保険契約について、その保証内容や免責事項を時間をかけて勉強すること。

第三者からの保護

住宅保険には通常、建物瑕疵担保責任保険が含まれている。これは、第三者に損害を与えた場合に補償される。特に、 雪下ろしを しなかったために誰かが 舗道でスリップ した場合などだ。

屋根の損傷に対する保険

ルクセンブルクの暴風雨のリスクは相対的ではあるが、存在する。2019年にはペタンジェ地方で竜巻が発生し、多くの家屋が壊滅的な被害を受けました。屋根リスク保険は一般的に、雹、雪、屋根の上に倒れた木などの自然原因による屋根の物的損害をカバーします。

ガラスの破損から身を守るには

ガラス破損保険は、ガラスの交換などさまざまなリスクをカバーする。 さらに、ガラス製コンロ、衛生器具、温室、ソーラーパネル、太陽光発電設備なども補償の対象となる。

電気設備のリスク

この保険は、電気設備や電気・電子機器に起因するリスクをカバーする。 また、IT、マルチメディア、オフィス機器の物的損害もカバーする。

また、ご自宅の電気レイアウトを電気技術者に確認することをお勧めします。特に築20年以上経過している場合は、設置が適合していることを証明する検査証明書を保管しておきましょう。

地震または下水道の逆流

近隣諸国と異なり、ルクセンブルクでは自然災害保険はオプションです。しかし、お住まいの場所によっては、この保険に加入されることをお勧めします。近年、悪天候によって多くの家屋が浸水しています。

フランスとベルギーでは、このような保険への加入が義務付けられている。フランスでは、保険は洪水、地震、干ばつをカバーしなければならない。ベルギーでは、住宅保険は洪水をカバーしなければならない。

強制煙探知機付き住宅保険

ちなみに、2023年1月1日以降、自宅への煙探知機の設置が義務付けられる。火災や大量の煙が発生した場合、大音量のサイレンが鳴り、消防隊が到着する前にできるだけ早く避難するよう居住者に警告する。

煙探知機はDIYショップで手に入り、取り付けも簡単です。 火災報知器は、人通りの多い場所や寝室に設置する。また、台所や浴室以外の居住スペースにも設置することを強くお勧めします。煙探知機は、お住まいの地域の自治体または内務省から無料で入手できます。詳しくはrauchmelder.luをご覧ください。

ルクセンブルクで加入すべき住宅保険は?

ルクセンブルク の住宅保険

住宅保険にはさまざまな商品パッケージがある。保険会社によって、これらは包括的であったりそうでなかったりする。 ニーズに応じて、適切なカバーを選ぼう。

しかし、住宅保険は常に、 火災、水害、盗難、ガラス破損、暴風雨、民事賠償責任といった基本的なリスクをカバーして いる。

住宅保険とe-プロテクション

住宅所有者もテナントも、いわゆる「現代的な」保険に加入することが奨励されている。この種の保険契約は、物件に関連するリスクだけでなく、私たちの「現代的な」生活の他の多くの側面をカバーする。

ルクセンブルクのインターネット・ユーザーの68%が、インターネット上で銀行情報を漏洩したことがあると回答している。機密情報の漏洩に伴う問題を回避するため、保険会社の中には「e-プロテクション」オプションを 提供しているところもあります。これは住宅保険に含まれている!

E-プロテクション」は法的保護である。 このオプションは、詐欺的な支払い、電子商取引業者からの購入をめぐる紛争、個人情報の盗難、電子評判への損害など、インターネット関連のリスクから保険契約者を保護する。

ルクセンブルクの引越し保険

引っ越しの際には、搬出車両の中身をカバーすることを忘れずに。一般的に、引越し業者は特定のカバーを提供している。

住宅保険に必要な所有物の価値を見積もる

資産価値と物質的資産の区別

物品とは、移動または持ち出しが可能で、一定の価値を持つ品物のこと。ドアなど、契約の対象とならない物品もある。しかし、すべてを含めることが重要です。特に、カーテンやブラインドがオーダーメイドの場合は、忘れずに含めること!

家財道具の査定は?

あなたの家に適切な保険をかけるには、その家財道具や個人の持ち物の価値を評価することが重要です。この価値は住宅保険とその結果支払われる保険金に影響を与える。

所持品の目録を作成する。このリストは、価値のある品物を特定するのに役立つ。品物の番号、購入日、請求書から価値を計算することができます。この情報は、賠償請求の際にも非常に役立ちます。

これを計算する際には、購入価格ではなく、商品が使用された価格を考慮することが重要である。 商品の種類によっては、その価値が時間の経過とともに減価することがある。保険は、補償の際に購入時の価値ではなく、その時の価値を考慮する。

保険の補償額を計算する際には、キッチンの価値を含めることをお忘れなく。保険金が請求された場合、この価額が保険金総額から差し引かれます。

さらに、動産が多数の貴重品や美術品で構成されている場合は、特定の保険に加入することを強くお勧めします。

貴重品の写真を撮り、請求書を保管しておく。空き巣に入られた場合、保険会社に弁明する際に非常に役に立ちます!これらの書類は、物理的なファイル、安全な場所、インターネット上の電子ファイルに保存しておく。

住宅保険の保険金額を定期的に見直す

あなたの個人資産は年々変化しています。さらに、保険に加入してから、新しいソファを買ったり、新しい貴重品を買ったりすることもあるでしょう。定期的に保険を見直すことで、常に現在の状況に合った保険の恩恵を受けることができます。

住宅保険料を選ぶ基準は?

住宅保険の保険料は、様々な要因によって決まる。建物のタイプ、家財の価値、カバーの内容などである。

保険料が主なものだが、それだけではない。

  • 年間保険料:初めて住宅保険に加入する場合、大幅な割引を受けることができる。
  • 超過額超過額は保険金を請求された場合に支払わなければならない金額です。各社の超過額を必ず比較してください。超過分がまったくない会社もある。
  • 一定の保証が 提供される場合がある
  • アラームのカバーは 、非常に有利な条件を得るための条件となる。保険に加入したら、アラームを取り付けることを保険会社に伝えることを忘れないようにしましょう。ルクセンブルクを含め、盗難は損害の主な原因の一つであることをお忘れなく!

保険会社によっては、過去に保険金を請求したことがない場合や、火災システム(住宅用物件では加入が義務付けられている)に加入している場合などに割引を提供している。

どの保険会社を選ぶべきか?

ルクセンブルクには多くの保険会社があります。それぞれに特徴や契約があります。

したがって、アドバイザーとのアポイントメントを取ったり、見積もりを依頼したりするには、直接連絡を取ることをお勧めする。

ルクセンブルクの強制保険と保険会社について詳しく知る

家庭内で緊急事態や災害が発生した場合、どうすればいいのか。

緊急アシスタンス・サービス

ほとんどの保険会社が緊急補償を提供水濡れ?ドアが叩かれた?空き巣?どうするのがベスト?アシスタンス・サービスに連絡しましょう。彼らはあなたの要求に対処し、最初の重要なステップを取ります。

大規模な災害が発生した場合、一時的に家を離れなければならなくなり、生活が一変する可能性がある。 こうした問題に対処するために、人的・経済的援助が非常に役立つ。

保険会社のアシスタンス・サービスを利用すれば、鍵の交換ができる。また、一時的な宿泊先(ホテル)や、仕事中の託児所の世話もしてくれる。また、損害が発生した後に発生する日常的な費用すべてをカバーする保険の補償額を知っておくことも重要だ。

緊急事態に対処しなければならなくなる前に、保険会社に アシスタンス・サービスの番号を聞いておきましょう。近くに置いておきましょう。

鍵の紛失、盗難、忘れ:どうすればいい?

鍵を紛失したり、盗まれたり、忘れたりした場合、契約者は 住宅保険を契約した保険会社のアシスタンス・サービスに連絡することができる 。会社によっては、特定のカバーを提供している。これらは、トラブル発生時の費用の全額または一部をカバーする。

保険会社によっては、自ら修理工を派遣し、修理工に直接代金を支払うところもあります。ですから、鍵屋に連絡する前に、必ず保険会社に連絡してください!

自宅の水害:どうすべきか?

水害が発生した場合、まずすべきことは問題の原因を特定し、可能な限り対処することである。

自宅のどこで水を止められるか調べてください。その後、保険会社に連絡し、どのような修理が可能か確認する。

自宅の火災:どうすればいいのか?

火災が発生したら、できるだけ早く消防隊に連絡し、避難することが重要である。

火災が鎮圧され、立ち入りが許可されたら、被害を受けた人は保険会社に連絡しなければならない。保険金請求書、損害品目録(可能であれば請求書を添付)、消防隊からの火災報告書、物件の写真を保険会社に送付する。

請求書や所持品の写真をインターネット上に保存しておくことを忘れずに

強盗の被害に遭った

空き巣に入られた場合、まずすべきことは、できるだけ早く113番で警察に通報することである。

警察が介入したら、自宅の保険会社に通知することが重要である。 必要であれば、自宅の安全確保(鍵、ドア、窓の交換など)を行ってくれる。

盗難品の目録、写真、請求書(可能な場合)を保険会社に送付する。 物的損害と侵入の証拠も提出すること。侵入の証拠はすべて保管し、保険会社が指定した調査員が物件を訪問した際に、保険金の請求が解決するまで見せなければならない

空き巣のリスクを減らすための3つのヒントを紹介しよう:

  • 新しいテクノロジーを使えば、特定の部屋の照明をプログラムしたり、テレビをつけたりすることで、あなたの存在をシミュレートすることができる、
  • ドアは主要な神経中枢であるため、指紋認証を使ってドアを開けることができる。これにより、ロックシステムを識別する必要性が減る、
  • 毎年、グラン・ドゥカーレ警察は、あなたが休暇に出かける際、自宅の世話を申し出る

ルクセンブルクでの保険加入に役立つアドバイスをご覧ください。

ゴールド・パートナー

アクサ・アシュアランス・ルクセンブルグ

アクサ・アシュアランス、保険の世界的リーダー

保険業界の世界的リーダーとして、アクサはお客様に、より良い、より安全な生活を送るための手段を提供しています。

参照

保険イベント


保険の最新記事


ルクセンブルクの自動車ボーナス制度

ルクセンブルクで自動車を所有する場合、自動車保険への加入が義務付けられています。保険料は加入者のノー・クレーム・ボーナスによって異なります。

ルクセンブルクでの不動産購入

毎年1万2,000人近くが新たに居住するルクセンブルクの不動産市場は活況を呈している。ルクセンブルクの不動産市場は活況を呈している。

ルクセンブルクの自動車保険選びのヒント

ルクセンブルクに車で到着するのか、それともその場で車を購入する必要があるのか。保険について知っておく必要があります...

私たちは信頼されている

アクサ・アシュアランス・ルクセンブルグ
ライファイゼン・ルクセンブルク
チャイルド・キング