5月1日、労働者の日、ミークランツと谷間のユリ

  • 2025年5月1日
  • ルクセンブルク
5月1日 ルクセンブルク
5月1日 ルクセンブルク

イベント内容


5月1日はルクセンブルクにとって特別な日です。伝統的なお祭りやお祝いが数多く催され、何よりも暖かい気候が戻ってきたことを祝います。

ルクセンブルクでは5月1日にミークランツの伝統がある

ルクセンブルクのメーデーは、何よりもミークランツ(5月の王冠)の伝統によって祝われる。

ルクセンブルクでは伝統的に、公共の建物や家屋に若葉で作った大きなリースを吊るしていました。 この風習は、現在でもルクセンブルクのあちこちで、またルクセンブルクの家庭で行われています。大きな葉のリースで飾られた家もある。この風習は、ルクセンブルクに暖かい季節が戻ってきたことを祝うものです。

早朝、村人や家族は森に行き、木から細かい枝を集める。そして5月の花輪(ミークランツ)を編み、公共施設や家に飾る。市町村の森で枝を摘むのに許可は必要ない。

ミークランツは何よりも春の訪れを祝う村の祭りである。

友人や家族を招いてメイトランクを飲むのに最適な季節だ。このフレーバー・ワインは、モーゼル・ワインに地元の植物である甘いウッドラフを漬け込んで造られる。オレンジとコニャックも加えられている。適量を楽しむこと!

ルクセンブルクとその他の国では5月1日、労働者の日

5月1日はルクセンブルクの労働者の日でもある。他の多くの国と同様、ルクセンブルクでもこの日は祝日です。この日、ルクセンブルクでは店は閉まり、子どもたちは学校に行きません。

この「国際労働の日」あるいは「労働者の権利のための国際闘争の日」の起源は19世紀にさかのぼる。 5月1日は、労働者が1日8時間労働の実現を望んだときに導入された。

今年も5月1日は、労働者と労働組合が通りを行進する機会である。彼らはこの機会を利用して、賃金や社会的要求を繰り返し表明する。スズランの小枝を服に留めて街頭に出る労働者もいる。

5月1日、ルクセンブルクのリリー・オブ・ザ・ヴァレー・フェスティバル

月1日はスズランの日である。この日、親しい人にスズランを贈るのが伝統となっている。スズランは幸福と幸運を約束してくれる。厳密には、スズランの小枝を3本ずつ、それぞれ13個の鈴と一緒に贈るのが伝統である!なかなか難しいことだが...。

スズランの日を記念して、ルクセンブルク中の花屋、スーパーマーケット、ガソリンスタンドでスズランの小枝を見つけることができる。

しかし、春の天候に恵まれ、暖かく晴れた日が多ければ、自分でスズランを摘むこともできる。スズランは、森の中の涼しい場所、主に空き地や小道で見つけることができます。 ルクセンブルクの美しい森を家族で散策し、「スズランの群生地」を発見する絶好の機会です。

これらは、秋のポルチーニ茸の畑のように、注意深く守られている。

ただし、幼い子供がツボミを口に入れないように注意すること。スズランは毒草である。

ルクセンブルクの伝統は他にもあります。

  • 開始日:
  • 01/05/2025

所在地


ルクセンブルク

イベント全般


私たちは信頼されている

アクサ・アシュアランス・ルクセンブルグ
ライファイゼン・ルクセンブルク
チャイルド・キング